日本モーツァルト協会 JAPAN MOZART SOSIETY since 1955

MENU

2017年第587回例会(2017/3/27)

演奏会概要

  • 時 間

    2017年03月27日(月) 18:15開場/18:45開演
  • 会 場

    東京文化会館小ホール
  • 例会チケット

    前売券・当日券(臨時会員券):5,000円
    (学生2,000円)
    ※当日券17:45から販売

鳥羽泰子 Yasuko Toba(ピアノ)
ダニエル・フロシャウアー Daniel Froschauer(ヴァイオリン)
江口心一 Shinichi Eguchi(チェロ)

PROGRAMM

《ピアノ・トリオの会話》

▶ディヴェルティメント 変ロ長調 K254
  Divertimento à 3 in B für Klavier, Violine und Violoncello K254
▶ピアノ三重奏曲 変ロ長調 K502
  Trio in B für Klavier, Violine und Violoncello K502
▶ピアノ三重奏曲 ハ長調 K548
  Trio in C für Klavier, Violine und Violoncello K548
▶ピアノ三重奏曲 ト長調 K564
  Trio in G für Klavier, Violine und Violoncello K564

出演者のメッセージ

 この度は貴協会の例会に出演させていただけますこと、大変嬉しく存じます。東京文化会館での演奏は初めてですし、また徳間ジャパン/キングレコード(モーツァルトのソナタ全集、ピアノとヴァイオリンのためのソナタ選集)のプロデューサー清勝也氏と評論家宇野功芳氏の推薦によって数々のモーツァルトのCDを製作してまいり、そして一番弾きたいと思っておりましたピアノ・トリオを演奏できますことに感謝の気持ちでいっぱいです。私は10年以上ウィーンに住んでおりましたが、それ以前から色々な意味でモーツァルトについてかけがえのない考えを持っておりました。日本モーツァルト協会での演奏を偶然とは思えず喜びの気持ちでいっぱいです。

鳥羽泰子

鳥羽泰子(ピアノ)

 5歳よりピアノを始める。父の転勤のため中学、高校をオーストラリア、パースに在住。1985年オーストラリア放送協会主催音楽コンクールピアノ部門第1位。
 1986年ジュリアード音楽院に入学。1990年同学院卒業。
 1991年イタリアのセニガリア国際ピアノコンクール入賞、またモーツァルト賞を受賞。1993年ジュリアード音楽院ピアノ科修士課程修了。1993年オーストリアのザルツブルグ夏期講習にて最優秀ピアニスト賞受賞。1994年アメリカ、テキサス州ショパン国際ピアノコンクール第1位。1996年ベルギーのEmmanuel Durlet国際ピアノコンクール第1位。
 1999年からオーストリアと日本を中心に演奏活動を行う。2005年には小林研一郎指揮/日本フィルハーモニー交響楽団とベートーヴェンのトリプル協奏曲をサントリーホールで演奏。1995年から2010年までオーストリア(ウィーン)に在住。2010年6月に帰国。
 これまでに徳間ジャパン、アートユニオン、キング・インターナショナルからCDをリリース。特にクレメンティのソナチネ集、モーツァルトのピアノ小品集はレコード芸術にて推薦され、またモーツァルトのピアノソナタ全集は高く評価されている。
 2013年に「東京トリオ」を結成(Vn江口有香、Vc江口心一)。

ダニエル・フロシャウアー(ヴァイオリン)

 ウィーン出身。ジュリアード音楽院でドロシー・ディレイ、川崎雅夫に学んだ後、ピンカス・ズッカーマン、アルフレッド・スター、アルフレッド・アルテンバーガーに師事。
 1997年にピエール・ランティエ国際コンクールで入賞。
 1998年にウィーン・フィルの第1ヴァイオリン奏者となり、2004年からはセクションリーダーを務める。
 ソリストとしてはザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、WDRケルン放送管弦楽団、北西ドイツ・フィルハーモニー管弦楽団などと共演。室内楽でもキュッヒル・クァルテットやウィーン・リング・アンサンブルのメンバーとして、世界各国で活躍している。
 これまでに、モーツァルトとベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ選集、ピアノ・トリオ、バッハの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータなどのCDをリリースしている。

江口心一(チェロ)

 3歳からヴァイオリンを始める。8歳でチェロに転向。11歳、12歳の時スズキメソードのテンチルドレンの一員としてニューヨークのカーネギーホール、シドニーのオペラハウスなどを含むアメリカ、オーストラリア、ヨーロッパ各地のホールで演奏する。
 1991年 桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)を卒業後ベルギーのブリュッセルに留学。1992年 フランスのパリ国立高等音楽院に首席で入学。1997年 同音楽院で一等賞(プルミエ・プリ)を獲得。
 2000年1月より東京都交響楽団団員。現在、同交響楽団副首席。
 NHKの朝の連続テレビ小説「てっぱん」、稲本響が音楽監督を務める映画、「長い散歩」、「イキガミ」、「スープオペラ」、「星守る犬」、の中で流れるチェロも演奏している。
 これまでに、ヴァイオリンとチェロのための二重奏曲集、ジャパニーズチルドレンズソング・ヴァイオリン&チェロ、20世紀の無伴奏チェロ作品、日本弦楽三重奏曲の世界、日本弦楽三重奏曲の世界2、「和」CELLO ~無伴奏作品集~などのCDをリリースしている。

アンコール

F.J.ハイドン作曲:ピアノ三重奏曲 ト長調「ジプシー・ロンド」Hob.XV:25より第3楽章

注意事項

※ 出演者・プログラムは変更することがございます。予めご了承ください。
※ 例会の臨時会員券(前売券・当日券)は当日会場窓口にて、また、東京文化会館チケットサービス03-5685-0650にて販売。
※ 10歳以下の方の入場はご遠慮下さい。
※ 会場での無断撮影、録音は固くお断りします。