日本モーツァルト協会 JAPAN MOZART SOSIETY since 1955

MENU

2017年第594回例会(2017/12/4)

演奏会概要

  • 時 間

    2017年12月04日(月) 18:15開場/18:45開演
  • 会 場

    東京文化会館小ホール
  • 例会チケット

    前売券(臨時会員券):全自由席 5,000円
    (学生2,000円)
    ※発売中

アレクサンダー・クリッヒェル Alexander Krichel(ピアノ)
長原幸太 Kota Nagahara(ヴァイオリン)
篠原智子 Tomoko Shinohara(ヴァイオリン)
長岡聡季 Satoki Nagaoka(ヴィオラ)
門脇大樹 Hiroki Kadowaki(チェロ)

PROGRAMM

《室内楽によるピアノ協奏曲》

▶ピアノ・ソナタ ニ長調 K284「デュルニッツ」
  Sonate in D K284
▶ピアノ協奏曲 第14番 変ホ長調 K449(ピアノ五重奏版)
  Konzert in Es K449
▶ピアノ協奏曲 第12番 イ長調 K414(ピアノ五重奏版)
  Konzert in A K414

アレクサンダー・クリッヒェル(ピアノ)

 1989年、ハンブルク生まれ。6歳でピアノを始める。15歳よりハンブルク音楽・演劇大学で学び、その後ハノーファー音楽・演劇大学でウラディミール・クライネフに、ロンドンの王立音楽大学でドミトリー・アレクセーエフに師事。
 2011年にソニー・クラシカルと専属契約を結び、2013年エコークラシック賞の「ニューカマー・オブ・ザ・イヤー」を受賞。これまでにリリースした『春の夜~メンデルスゾーン、シューベルト、リスト、シューマン:ピアノ作品集』、『ショパン、フンメル、モーツァルト』(ヴォイチェフ・ライスキ指揮/ポーランド室内フィル)、『ラフマニノフ:楽興の時、ピアノ協奏曲第2番』(ミヒャエル・ザンデルリンク指揮/ドレスデン・フィル)はいずれも高い評価を獲得し、2017年には『鏡~ラヴェル:ピアノ作品集』をリリース。また、テロス・ミュージックからは自身のデビュー録音である『洞察~クリッヒェル・プレイズ・リスト』がリリースされた。
 これまでに、ジョナサン・ノット指揮バンベルク響、アントニオ・メンデス指揮hr放送響、アレクサンダー・マルコヴィッチ/ミヒャエル・シェーンヴァント指揮ブレーメン・フィル、ガブリエル・フェルツ指揮ドルトムント・フィル、ポーランド室内フィル、ルツェルン音楽祭弦楽合奏団、ルーマニア・ロイヤル・カメラータ、ベネズエラ国立フィル等共演している。この他、アンドルー・リットン、ヴォイチェク・ライスキ、ルーベン・ガザリアン、ヨハネス・ヴィルトナー等の指揮者と共演している。
 ラインガウ、メクレンブルク・フォアポンメルン、シュヴェツィンゲン、シュレスヴィヒ・ホルシュタイン等の著名音楽祭にも登場している。
 数学オリンピックやドイツの連邦外国語コンクール、生物学の分野での研究活動におけるドイツ連邦コンクール等でも優秀な成績を残す。

チケット取り扱い

東京文化会館チケットサービス 03-5685-0650
パシフィック・コンサート・マネジメント 03-3552-3831
日本モーツァルト協会 03-5467-0626

※学生券は日本モーツァルト協会のみ取り扱い

注意事項

※ 出演者・プログラムは変更することがございます。予めご了承ください。
※ 例会の臨時会員券(前売券・当日券)は当日会場窓口にて、また、東京文化会館チケットサービス03-5685-0650にて販売。
※ 10歳以下の方の入場はご遠慮下さい。
※ 会場での無断撮影、録音は固くお断りします。