日本モーツァルト協会 JAPAN MOZART SOSIETY since 1955

MENU

【CD】歌劇《フィガロの結婚》K492(全曲)

ネゼ=セガンと豪華歌手による《フィガロの結婚》ライヴ!

 ヤニク・ネゼ=セガンによる「モーツァルトの7つのオペラ・シリーズ」の第4作目は、2015年の夏にバーデン=バーデンで行われたライヴ録音による《フィガロの結婚》。ハンプソン、フォン・オッター、ビリャソンと随所にヴェテランを配し、ヨンチェヴァ、カルク、ピサローニといった若手も起用(なんとピサローニとハンプソンが実は義理の親子の関係だそうです!)。そんな豪華な歌手陣も魅力的ながら、何といっても注目は、次期メトロポリタン歌劇場の音楽監督に指名されたネゼ=セガンの指揮でしょう。オーケストラを縦横無尽に操り、時には歌手をきっちり支え、時には柔軟な音楽を紡ぎ出す彼の手腕には息を呑むばかり。歌手たちの素晴らしいパフォーマンスも文句なしです。

モーツァルト/歌劇《フィガロの結婚》K492(全曲)

【演奏】
ヤニック・ネゼ=セガン(指揮)

トーマス・ハンプソン(伯爵)
ソーニャ・ヨンチェヴァ(伯爵夫人)
アンジェラ・ブラウアー(ケルビーノ)
クリスティアーネ・カルク(スザンナ)
ルカ・ピサロニ(フィガロ)
マウリツィオ・ムラーロ(ドン・バルトロ)
アンネ・ゾフィー・フォン・オッター(マルチェリーナ)
フィリップ・スライ(アントニオ)
レグラ・ミューレマン(バルバリーナ)
ローランド・ビリャソン(ドン・バジーリオ)
ジャン=パウル・フーシェクール(ドン・クルツィオ)

ジョリー・ヴィニクール(通奏低音:フォルテピアノ)
ラスタット・ヴォーカル・アンサンブル
ヨーロッパ室内管弦楽団

【録音】2015年7月、バーデン=バーデン祝祭劇場での演奏会形式でのライヴ録音

【発売元】ユニバーサルミュージック合同会社(発売国:ドイツ/輸入盤)

 

商品情報および購入はこちら!