日本モーツァルト協会 JAPAN MOZART SOSIETY since 1955

twitter
MENU

2020年第617回例会(2020/3/4)

演奏会概要

  • 時 間

    2020年03月04日(水) 18:15開場/18:45開演
  • 会 場

    東京文化会館小ホール
  • 例会チケット

    前売券(臨時会員券):全自由席 5,000円
    (学生2,000円)
    ※12月4日発売

フランソワ・デュモン François Dumont(ピアノ)

PROGRAMM

《俊英デュモンのエスプリ》

▶ピアノ・ソナタ ハ長調 K330
 Klaviersonate in C K330
▶ピアノ・ソナタ イ短調 K310
 Klaviersonate in a K310
▶ロンド イ短調 K511
 Rondo in a K511
▶ピアノ・ソナタ イ長調 K331「トルコ行進曲付き」
 Klaviersonate in A K331

フランソワ・デュモン(ピアノ)

 ヴィクトワール・ドゥ・ラ・ムジーク賞の器楽ソリスト部門においてノミネートされ、フランス音楽批評家協会より新人賞を授与されるなど、フランスの若手音楽家の中で際立った存在として注目を集めているピアニスト。

 14歳でパリ国立高等音楽学校に入学しサンソン・フランソワやミケランジェリの弟子であるブルーノ・リグットに師事した後、イタリア・コモ湖国際ピアノアカデミーにて研鑽を積む。ショパン国際ピアノコンクール、エリザベート王妃国際音楽コンクール、クララ・ハスキル国際ピアノコンクール(スイス)、浜松国際ピアノコンクールなどで上位入賞を果たし国際的な演奏活動を開始する。

 近年では、ラ・ロック・ダンテロン国際ピアノ音楽祭、ジャコバン国際ピアノ音楽祭、ノアン・ショパン音楽祭、モンペリエ・ラジオ・フランス音楽祭、ショパン音楽祭、ショパンと彼のヨーロッパ国際音楽祭のほか、日本、中国、韓国など世界各国で頻繁に演奏活動を行っている。また、フランス国立リヨン管弦楽団(指揮:レナード・スラットキン)とラヴェルの2つのピアノ協奏曲を演奏し、NAXOSよりリリース。

 室内楽にも積極的に取り組み、タベア・ツィンマーマン(vla)、オーギュスタン・デュメイ(vn)、アンリ・ドマルケット(vc)、グザヴィエ・フィリップ(vc)、プラジャーク弦楽四重奏団などとも共演。また、Philippe AïcheとVirginie Constantと共にトリオ・エレジアックのメンバーとしても活動し、「ベートーヴェン・ピアノトリオ全集(Brillant Classics)」、「シューベルト・ピアノトリオ全集(Academy Productions)」をリリースしている。

 室内楽以外の録音作品の内、Pianiste誌で“マエストロ賞”に選出された「モーツァルト・ソナタ全集(Anima Records)」および「ショパン(Artalinna)」やテレラマ誌でフォルテッシモ賞、ディアパソン誌にて5つ星を獲得した「ラヴェル・ピアノ独奏曲全集(Piano Classics)」、“一貫性、品格、情緒の豊かさ。エドウィン・フィッシャーを思い起こさせる演奏だ(ジャック・ドリヨン)”と評されたオール・J.S.バッハ作品によるCD(Artalinna)などは特筆に値する代表作である。さらに、最新アルバム「ショパン:ノクターン全集」は、“歌う様な音色(BBC誌)”、“他の追随を許さない見事な演奏(インターナショナル・ピアノ誌)”“近年これと並ぶ録音は数えるほどしかない(ファンファーレ誌)”と称賛されている。

チケット取り扱い

東京文化会館チケットサービス 03-5685-0650
日本モーツァルト協会 03-5467-0626

※学生券は日本モーツァルト協会のみ取り扱い

注意事項

※ 出演者・プログラムは変更することがございます。予めご了承ください。
※ 例会の臨時会員券(前売券・当日券)は当日会場窓口にて、また、東京文化会館チケットサービス03-5685-0650にて販売。
※ 10歳以下の方の入場はご遠慮下さい。
※ 会場での無断撮影、録音は固くお断りします。