日本モーツァルト協会 JAPAN MOZART SOSIETY since 1955

twitter
MENU

篠崎(マロ)史紀先生講演会(2019/12/9)

講演会概要

テーマ:託された才能〜モーツァルトはハイドンから 何を受け継いだのか〜

2019/12/9(月)14:00~16:00

会場:紀尾井町サロンホール

会費:会員1,500円/一般2,000円

※日本モーツァルト愛好会、モーツァルティアン・フェラインの会員は会員料金

講演概要

人生とは、「運と縁」。その中で「師」との運命の出逢いがターニングポイントとなり人生の岐路に影響を与える。モーツァルトの短くも凝縮された生涯において、ハイドンとはどういう存在だったのか。また、彼から受け継いだものとは何だったのか。皆さんと一緒に作品を通して探ってみたいと思います。

篠崎(マロ)史紀(NHK交響楽団第1コンサートマスター)

愛称 “まろ”。NHK交響楽団第1コンサートマスター。3歳より両親の手ほどきを受ける。15歳の時に毎日学生音楽コンクール全国第1位。北九州市民文化賞を史上最年少で受賞。高校卒業と同時にウィーン留学。ウィーン市立音楽院に入学。翌年コンツェルト・ハウスでコンサート・デビューを飾り、その後ヨーロッパの主要なコンクールで数々の受賞を果たす。88年帰国後、群馬交響楽団、読売日本交響楽団のコンサートマスターを経て、97年 NHK交響楽団のコンサートマスターに就任。以来、”N響の顔”として、ソリスト、室内楽奏者、指導者として、国内外で活躍中。 多岐にわたる演奏活動の傍ら、東京ジュニアオーケストラ・ソサイエティの芸術監督を務める他、CD13枚他、ヴァイオリン小品集「MARO’s Palette」(監修)、エッセイ「ルフトパウゼ ウィーンの風に吹かれて」、「絶対!うまくなるヴァイオリン 100のコツ」が出版されている。2001年福岡県文化賞受賞、2014年第34回有馬賞を受賞。北九州文化大使、桐朋学園非常勤講師、東京藝術大学非常勤講師、昭和音大客員教授。WHO国際医学アカデミー・ライフハーモニーサイエンス評議会議員。