日本モーツァルト協会 JAPAN MOZART SOSIETY since 1955

twitter
MENU

井内美香先生 講演会(2022/1/27)

開催日時と会場・料金およびテーマ

テーマ:「モーツァルトとマルティン・イ・ソレールの「Una cosa rara」」

2022年1月27日(木)14:00~16:00

開場:13:30

開演:14:00

会場:豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと

   3階 B会議室(定員110名)

   豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル3F

   ・東京メトロ 有楽町線 「東池袋駅」6・7出口より直結

   ・JR他各線「池袋駅」(東口)より徒歩10分

    ※池袋駅東口を出てグリーン大通りを直進

   ・都電荒川線 「東池袋四丁目」より徒歩2分

会費:会員1,000円/一般1,500円

※日本モーツァルト愛好会、モーツァルティアン・フェラインの会員は会員料金となります。

講演概要

モーツァルト≪ドン・ジョヴァンニ≫第二幕に、ドン・ジョヴァンニが食事をしながら楽師に演奏させる場面があります。そのうちの一曲はマルティン・イ・ソレール作曲 ≪Una cosa rara椿事≫ からの音楽です。≪椿事≫ は1786年にウィーンで初演され大ヒットとなりました。ストーリーは女性が自らの貞操を守るために闘って勝利するという、まさに≪ドン・ジョヴァンニ≫の正反対。なぜ当時このオペラが爆発的に流行ったのか?そしてなぜ、その後ほぼ完璧に忘れ去られてしまったのか?モーツァルトと比較しながら紹介します。

井内美香先生プロフィール

学習院大学哲学科卒業、同大学院人文科学研究科博士前期課程修了。ミラノ国立大学で音楽学を学ぶ。修士論文はモーツァルト≪イドメネオ≫。ミラノ在住のフリーランスとして20年以上の間、オペラに関する執筆、通訳、取材の仕事に携わり、また歌劇場の来日公演コーディネート、スカラ座の2010年12月開幕公演のNHK-BS特集番組コーディネートおよび通訳を務める。2012年から東京在住。帰国後は、オペラ・キュレーターとして執筆、講演会、およびオペラ勉強会の講師などで活躍。イタリアの歌劇場来日公演、イタリア人来日アーティストの通訳も数多い。日本ロッシーニ協会運営委員。共著書に『バロック・オペラ』(新国立劇場)がある。

お申し込み

協会事務局に予め電話・Eメールのいずれかの方法でお申込み下さい。

※先着順。定員(110名)になり次第お申し込みを締め切らせていただきます。

申込先:日本モーツァルト協会
Tel.03-5467-0626/info@mozart.or.jp

【新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、皆様にご理解とご協力をお願い申し上げます】
※ 発熱、咳やくしゃみ、喉の痛みなど体調に不安がある方は来場をご遠慮ください。
※ 会場内ではマスクの着用とこまめな手洗いやアルコール消毒をお願いいたします。
※ 講師への面会はお断りいたします。
※ 講師への花束・プレゼントはお控えください。
※ 新型コロナウイルスの影響によりやむを得ず中止または延期となる場合があります。
※ 会場内での無断撮影、録音は固くお断りいたします。