日本モーツァルト協会 JAPAN MOZART SOSIETY since 1955

twitter
MENU

小宮正安先生 講演会(2022/9/14)

開催日時と会場・料金およびテーマ

テーマ:オペラが描く「戦争」~『コジ・ファン・トゥッテ』を中心に~

2022年9月14日(水)14:00~16:00

開場:13:30

開演:14:00

会場:豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと

   3階 B会議室(定員110名)

   豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル3F

   ・東京メトロ 有楽町線 「東池袋駅」6・7出口より直結

   ・JR他各線「池袋駅」(東口)より徒歩10分

    ※池袋駅東口を出てグリーン大通りを直進

   ・都電荒川線 「東池袋四丁目」より徒歩2分

会費:会員1,500円/一般2,000円

※日本モーツァルト愛好会、モーツァルティアン・フェラインの会員は会員料金となります。

講演概要

オペラの歴史を見ると、そこには「戦争」がテーマとなった作品が数多く存在します。モーツァルトのオペラも、例外ではありません。そうした中、オーストリアとトルコ間の戦争(墺土戦争)下で作られた『コジ・ファン・トゥッテ』において、当の戦争はどのように描かれているのでしょうか。墺土戦争とモーツァルト、更には彼を取り巻くウィーンの社会状況との関係をも視野に入れつつ、考えてゆきたいと思います。

小宮正安先生プロフィール

(ヨーロッパ文化史研究家、横浜国立大学教授)

専門はヨーロッパ文化史、ドイツ文学。著訳書に、『チャールズ・バーニー音楽見聞録〈ドイツ篇〉』『音楽史 影の仕掛人』『オーケストラの文明史 ヨーロッパ3000年の夢』(春秋社)、『名曲誕生 時代が生んだクラシック音楽』(山川出版社)、『コンスタンツェ・モーツァルト 悪妻伝説の虚実』(講談社選書メチエ)、『モーツァルトを「造った」男 ケッヘルと同時代のウィーン』『ハプスブルク家の宮殿』(講談社現代新書)、『ウィーン楽友協会 二〇〇年の輝き』『愉悦の蒐集 ヴンダーカンマーの謎』(集英社新書)など多数。ザルツブルクのモーツァルテウム、ウィーン大学における講演や、『ウィーン・フィルニューイヤーコンサート』『ららら♪クラシック』『その時歴史が動いた』等、国内外やテレビ、ラジオ等でも積極的な活動を展開している。

お申し込み

協会事務局に予め電話・Eメールのいずれかの方法でお申込み下さい。

※先着順。定員(110名)になり次第お申し込みを締め切らせていただきます。

申込先:日本モーツァルト協会
Tel.03-5467-0626/info@mozart.or.jp

【新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、皆様にご理解とご協力をお願い申し上げます】
※ 発熱、咳やくしゃみ、喉の痛みなど体調に不安がある方は来場をご遠慮ください。
※ 会場内ではマスクの着用とこまめな手洗いやアルコール消毒をお願いいたします。
※ 講師への面会はお断りいたします。
※ 講師への花束・プレゼントはお控えください。
※ 新型コロナウイルスの影響によりやむを得ず中止または延期となる場合があります。
※ 会場内での無断撮影、録音は固くお断りいたします。